高く売りたい!何件かに相見積もりしてもらうほうが良い?

相見積もりをしてもらうメリット

手持ちの着物を買取りに出す時に一番気になるのはその着物がどれくらいの金額で買取ってもらえるかということです。あまりにも安い値段では売りたくないでしょうし、少しでも高い値段で買取ってほしいと思うのが当然だと言えます。
そこで利用したいのが複数の買取り店に着物の査定を依頼し、その査定額を比較するという相見積もりという手段です。複数社に査定を依頼すれば、あまりにも現実とかけ離れた金額で買取られてしまう可能性が低いので、最初に出された査定額に疑問を感じる場合には相見積もりを取ってみるというのも良い方法かもしれません。
また、買取り店によってはある種の着物の買取りに力を入れている場合もありますから、少しでも高い買取りを望むなら相見積もりは利用すべきでしょう。

相見積もりの際に注意すべきこととは?

しかし、相見積もりを依頼する際には注意すべきこともあります。
まず1つには、あまりにも多くの買取り店に査定依頼をしないことです。2、3社であれば問題ありませんが、それ以上になってくると手間も時間もかかります。また、店舗に持ち込んで査定してもらう場合は交通費などの費用も発生するでしょう。手間と時間、費用が負担にならない範囲にとどめておくことが肝心です。
また2つ目として、1店でまとめて買い取ってもらったほうが有利な場合があるということも覚えておきましょう。店舗側としても買取りには経費が掛かっていますから、まとめて売ってくれる顧客に対して査定額のアップなどを行っている店舗があります。査定を依頼する際にそのようなサービスがあるかどうか確認しておきましょう。